株式会社TDCは安全を販売します

株式会社TDC 車両運行管理請負・一般貸切バス運送・一般貨物運送・レンタカー事業

前へ
次へ
HOME > 安全教育

常に追求するのは「安全」です。

 安全に人を運んで当たり前です。
 その当たり前を、もっと当たり前にするために、
 株式会社TDCは常に安全を提供し続けています。

株式会社TDCに”製品”があるとすればそれは安全以外にありません。

 TDCはメーカではありません。
 しかし、メーカに例えるなら製品にあたるものは何か・・・。
 その答えは「安全」以外にはありえません。
 人という命を預かり、目的地までお届けするという使命を担っている以上、事故やトラブルに見舞われることなく、安全かつ確実に運ぶことが求められるからです。
 TDCには唯一にして最大の”製品”である「安全」を徹底して追求します。
 重大事故は起こしてはなりません。
 それは、加害者にも被害者ににも大変な不幸をもたらします。
 被害者を出さないためにも、また、当社は当社で働く社員を(加害者として)不幸にしないためにも、日々、徹底した教育を行っています。
 そして、安全こそが当社存続の決め手であるとの認識を全社員が自覚できるよう促しています。

安全の教育の三本柱と添乗指導

 安全は自然には生まれてきません。自ら作り上げていくことが大切です。
 そこでTDCでは安全に関する三点の「基本手法」と外部機関の指導による「個別添乗指導」を導入しています。
  • KYトレーニング

  • 社外機関による安全運転研修会の受講

  • 社外機関による運転訓練実施

  • トップダウンの安全教育

  • 筆記テストによる安全教育研修効果測定

  • ヒヤリハット事例の発表

  • 心肺蘇生・AED講習

  • 気道異物除去訓練

運輸安全マネジメント

 運輸安全マネジメント制度は、経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的に、国土交通省によって平成18年10月に導入されました。
 本制度では、事業者においては自らが自主的かつ積極的に輸送の安全の取組みを推進し、構築した安全管理体制をPDCAサイクル(※)により継続的に改善し、安全性の向上を図ることが求められています。
 株式会社TDCでは、この目的の達成・持続のための取組を積極的に行っています。
 (※:Plan Do Check Act(計画の策定、実行、チェック、改善)のサイクル)

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
  2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規程を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  3. 安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
  4. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
 代表取締役 佐古 誠

当社の運輸安全マネジメント・PDCAサイクル

保有車両全車にドライブレコーダーを設置

 ドライブレコーダーは、事故や事故には至らないヒヤリハットの映像を、運転者目線で容易に記録できることから、当該運転者のみならず、その映像を教材として事業所全体の交通安全教育に活用できる機器として期待されています。
 当社ではこのドライブレコーダーを保有車両全車に設置し、「運転者を監視するため」ではなく、「安全運転を実現して運転者を守り、交通事故被害者を出さない」ための機器として、効果的に活用しております。

安全会議

 定期的に安全会議を開催しています。
事故事例の要因分析、ヒヤリハット事例の紹介による安全運行に関する情報共有やKYトレーニング、心肺蘇生・AED講習等を行っています。
社内安全会議の記録
 

»PAGETOPに戻る

株式会社 TDC

ページのトップへ戻る