株式会社TDCは安全を販売します

株式会社TDC 車両運行管理請負・一般貸切旅客自動車運送・一般貨物自動車運送

前へ
次へ
HOME > 安全教育

運輸安全マネジメント

 運輸安全マネジメント制度は、経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的に、国土交通省によって平成18年10月に導入されました。
 本制度では、事業者においては自らが自主的かつ積極的に輸送の安全の取組みを推進し、構築した安全管理体制を継続的に改善し、安全性の向上を図ることが求められています。
 株式会社TDCでは、この目的の達成・持続のための取組を積極的に行うと共に、旅客自動車運送事業運輸規則第47の7第1項の規定に基づき、輸送の安全に係る情報を公開します。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
  2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規程を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  3. 安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
  4. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する目標及びその達成状況

    <平成31年度輸送の安全に関する目標及び達成状況>
     自動車事故報告規則第2条に定める
  1. 重大事故 0件
  2. 車両事故 0件
  3. <令和2年度輸送の安全に関する目標>
  4. 人身事故・重大事故 0件
  5. 健康起因による事故 0件
  6. 酒気帯び運転の撲滅 アルコール検知 0件
  7. 車両故障 0件
  8. 速度超過の撲滅
  9. ※今年度の目標は自動車事故報告規則第2条に定める事故0件はもちろんのこと、
    法令違反撲滅にも取り組みます。

3.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  1. ドライブレコーダーとデジタルタコグラフの導入
  2. 新規購入車両への安全運転支援システムの導入
  3. 安全会議の実施(年1回)
  4. 定期講習による運転手への安全教育の実施(四半期1回)
  5. ヒヤリハット日誌の提出・運転手へのフィードバック(月1回)
  6. 添乗教育・運転チェックの実施
  7. 適性診断の実施と診断結果を元に教育・指導
  8. 健康診断の実施と結果に基づいた健康指導
  9. 脳ドック、睡眠時無呼吸症候群検査の実施

4.輸送の安全にかかわる教育及び研修の実施状況

  1. 年間安全教育計画を立案し、計画に基づいた教育を実施
  2. ヒヤリハット日誌の提出・運転手へのフィードバック
  3. 抜き打ちの運転チェック、ドライブレコーダーチェック(安全確認・運転方法等)
  4. 初任診断の結果を踏まえた、初任運転者教育
  5. 安全会議・定期講習の実施
  6. KYトレーニングの実施
  7. 救命講習の実施
  8. 緊急避難訓練研修の実施

5.輸送の安全にかかわる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

  1. 安全統括責任者が実施責任者を指名し、安全マネジメントの実施状況を点検するため、毎年一回以上、輸送の安全に関する内部監査を実施します。
  2. 内部監査の実施結果については、速やかに取りまとめ、報告・改善を行います。

6.安全管理規定 (伝達体制・組織体制含む)

  1. 安全管理規定(PDF)

7.安全統括管理者

  1. 佐古健太郎

»PAGETOPに戻る

株式会社 TDC

ページのトップへ戻る